ワーキングホリデーの仕事

 

ワーキングホリデーとは

最近、よく「ワーキングホリデー」という言葉を耳にするようになりました。
度々ニュースなどでも特集が組まれており、その都度耳に引っかかるという人は多いのではないでしょうか。

 

ではこのワーキングホリデー、どのような制度なのでしょう。

 

ワーキングホリデーとは、18〜25歳、あるいは30歳までの青年が、異文化コミュニケーションを学びながら休暇を満喫する為、その滞在期間における必要資金を稼ぐ為に一定の就労を許可する制度の事です。
査証、あるいは入出国管理上における特別な制度と位置づけられています。

 

もっと簡単に説明すると、外国の地で勉強しながらアルバイトをして、なおかつ観光や交流など異文化の特色を楽しむという、外国の様々な世界観に触れていく事を支援するための制度ということになります。

 

支援といっても、たとえばお金を出してあげるとか、物資的なものを提供するというわけではなく、一定期間をこの地で過ごしていろいろと学ぶ上で、その生活をする為の仕事をその地でしても良いですよという許可を出す制度なのです。

 

ワーキングホリデーを利用する事で、諸外国に中長期滞在ができる事になります。
異文化を学ぶといっても、1日や2日では到底学ぶ事はできません。

そういった旅行と同じような感覚ではなく、生活をして、その日常の中で「この国はこういう所なんだ」ということを知り、また日常会話を繰り返す事で言語力を養っていくという事がこの制度における意義と言えるでしょう。

ワーキングホリデーの特徴

外国に長期的に滞在する為、その地で休暇をとりつつ労働する事を許可されるワーキングホリデー。
この制度の大きな特徴は、その国の日常を体験できる点にあります。

通常、外国に行く機会というのはそうそうありませんが、それでも今の時代、旅行という形式であればそれほど苦もなく行く事ができます。

 

ガソリン高騰の影響でかなり交通費がかかることもありましたが、今はある程度落ち着きを見せており、海外旅行にかかる費用もそれほど高くはありません。
少し頑張ってお金を貯めれば、十分誰でも行ける範囲のコストです。

 

ですが、その何日間かの旅行で海外へ行ったとしても、観光や歓楽街での遊びなどは体験できても日常生活は体験できません。
その地に住んでいる人が、朝、昼、夜に自分の家で何を食べているのか、何をして過ごしているのか、どんな会話をしてどんな生活をしているのか等という事は、観光ではなかなか知る事はできません。

 

一方、ワーキングホリデーを利用すると、最大で1年もの間その国で生活することができます。

 

細かい部分は各国によって異なるのですが、基本的には1年間の滞在、3ヶ月間の同一雇用主の下でのアルバイト及び語学学校への通学が許可されています。

 

1年間という期間はかなり長く、これだけの間その地で生活をして、さらに仕事に就き、その文化に触れていれば、日書籍とその国との違い、あるいは共通する部分などが必ず見えてくるかと思います。
そういう意味では、ワーキングホリデーは人生における非常に大きな価値を持った制度と言えるのではないでしょうか。

ワーキングホリデーの日本での歴史

ワーキングホリデーが日書籍で採用されたのは、1980年の12月です。
当時、日書籍と最初のワーキングホリデー制度に関して取極を結んだのは、オーストラリアでした。

 

日書籍とオーストラリアの関係は常に良好で、それはこういった面からも伺えます。
留学に関しても、オーストラリアと日書物は非常に活発な交換が行われており、双方の文化はかなり知れ渡っているかと思います。

 

その5年後、1985年にはニュージーランドとも取極が行われ、ワーキングホリデー制度を締結しました。
また、翌1986年にはカナダとの取極を結びます。

 

しかし、1980年代〜90年代においては、ワーキングホリデーの制度は日書籍ではほとんど普及する事がありませんでした。

 

海外へ行く場合、利用されるのは観光目的の旅行か留学というのが一般的で、社会人が長期休暇をとって海外で生活するという事は、あまり好ましく思われなかったというのが大きな理由でしょう。

 

日書籍の文化において、そういった行為はあまり受け入れられないというのが現状でした。
その流れが変わり始めたのが、1999年〜2000年の間です。

もっと積極的にワーキングホリデー制度を利用してもらおうと、政府は韓国、フランス、ドイツ、イギリスといった国々と協定及び取極を結びました。

 

これによって、徐々にこのワーキングホリデーが日書物に浸透し始めます。
そして、2007年にアイルランドとデンマーク、2009年に中国及び台湾との間で制度利用が許可された事で、さらに認知度は上がり、今に至ります。

今後はさらに増えていく予定です。

 


inserted by FC2 system