ワーキングホリデーのメリット|ワーキングホリデーの仕事

 

ワーキングホリデーのメリット

様々な利用価値があるとされているワーキングホリデーですが、この制度の最大のメリットはどこにあるのでしょう。
やはり、同時にいろいろな事ができるという点でしょうか。

海外で長期滞在する場合、まず留学という選択肢が一般的でした。

 

しかし留学は、学生時代しか利用できない上に、学び、遊ぶだけしかできませんでした。
ですが、ワーキングホリデーの場合は1年間の長期滞在を25、もしくは30歳までの間に行う事ができます。

 

その上、ワーキングホリデーだと、学ぶ、遊ぶだけでなく、働く事もできます。
これが最大のメリットかも知れません。

就労するという事は、やはり少なからず疲れます。

 

そこにあって、言葉が通じず、文化の異なる地で働くという事は、さらに疲労の度合いを増す要素となるでしょう。
しかし、それをする事で、通常旅行や留学などでは全く知る事のできない、その国ならではの習慣、風習、あるいは長所といったところが見えてくるのです。

 

日書物でも、日書物の観光地を回ったり、学校に通ったりしているだけでは見えてこない習慣のようなものはありますね。
そういったものを学ぶ上で、働くという事はとても有効な手段なのです。

ワーキングホリデーにおいては、その就労という点がさらに大きな意味を持ちます。

 

生活費用、交通費用などの補充です。
1年間滞在するとして、その生活資金を労働ですべて賄うのはさすがに難しいのですが、あらかじめ用意してある資金の補助にはなるでしょう。

ワーキングホリデーの費用

海外での生活には様々な不安があります。
言葉が通じないかもしれない、同じ表現でも文化の違いで相手に与える印象が違ってくるかもしれない等という不安はもちろん、治安や安全面での不安もあるでしょう。

それらの不安の中でも、特に大きな不安は、費用ではないでしょうか。
日本であれば、地域ごとの格差は多少あるものの、大体家賃はいくら、食費はいくら、生活費はいくら等という計算は成り立ちます。

 

ですが、ワーキングホリデーを利用して海外に行く場合、その国の生活費がいくらくらいかかるかという事については、あまりピンとこない人が多いのではないでしょうか。
ワーキングホリデーで海外に長期滞在する場合、ある程度余裕を持って資金を準備しておく事をお勧めします。

 

その理由としては、生活費用がいくらかかるかわからないからというのではなく、もし何か特別な出費があった場合、お金が足りないという理由で早めに帰国してしまう事になる事を防ぐためです。

 

せっかく向こうでやりたい事、なすべきことを見つけても、金銭的理由で戻らざるを得ないとなると、後悔してしまう事になります。
そうならないためにも、必要以上の費用を用意しておくべきです。

 

通常、ワーキングホリデーによって海外に滞在する場合、1年間で200万円前後が必要と言われています。
これは最低金額と考えて良いでしょう。

 

そのため、できればこの倍くらい、つまり400万円くらい準備しておく事をお勧めします。
ただし、アルバイトで稼ぐ事が可能なので、これより少なくても構いません。

ワーキングホリデーの目的

ホリデーという名前がついているワーキングホリデーは、休暇というニュアンスが多分に含まれています。
よってワーキングホリデー中の行動は、基本的には自由です。

 

それこそ、1年間海外で食っちゃ寝生活を送っても、誰も何も言いませんし、責められる事もありません。

 

ですが、そんな生活の為にこの制度を使うのは、あまりにももったいないといえます。
海外でのんびり暮らすだけなら、有給休暇を取って旅行に出掛ける方がはるかに有用です。

 

もちろん、いろいろと嫌なことがあって、日書物でないところで悠々自適に過ごすことで気分をリフレッシュさせる等という目的であれば、のんびりと暮らす事には意味があるでしょう。

 

しかし、せっかくこういった制度を利用するのですから、可能であれば何か目的を持って挑む方が有意義ではないでしょうか。
ワーキングホリデーにおける目的としては、主に言語に関する物が一般的ですね。

海外で生活することで、その国の言語、特に日常会話をマスターしたいという人はかなり多いでしょう。

 

たとえば、日本でも英会話教室などで英語を学ぶことはできます。
しかしそこで学ぶ英語は、実践的とはいえないものも多いのが実状です。

やはり、生活に密着した会話や言葉を覚えるには、実際に現地で生活するのが一番です。

 

そういう意味では、言葉を学ぶという事はとても有効な目的と言えるでしょう。
その他、海外という土地で友達を作ったり働いたりする事で、自分の可能性、あるいは見聞を広めるという効果も得られます。

 

海外とつながりを持つことで、将来仕事にしてもプライベートにしても、なにか役に立つかもしれません。

 

また、単純に知り合いの輪を広げるだけでも、十分有意義といえます。
目標は人それぞれ。

自分なりの目標を定めてみて下さい。

 


inserted by FC2 system